FC2ブログ

笑う門には一畳ガーデン  ~シシーのお庭~

ベランダのお花のこと、病気(SLE)のこと等々・・・のんびり書いていきます。

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Love You

明け方までかかって高見沢さんにお手紙を書いたのに
家に忘れていった、おまぬけnobikoです(--;)

昨日4月10日、長良川国際会議場で THE ALFEE のコンサート『NEO UNIVERSE 2011 I Love You』が開催されました。

毎年恒例の春のツアーですが、今年は開催自体どうすべきか協議が重ねられ
考え抜かれた末の開催となりました。
昨夜の公演はそんなALFEEとしての強い使命感やメッセージが、ひしひしと感じられる
今までにない特別な公演だったように感じました。

この先は思いっきりネタばれになるので「続きを読む」に書かせていただきます。
見たくない方はご注意くださいね。
ちなみに・・・いつもの事ですが、かなりダラダラの長文ですd( ̄∀ ̄*)


昨日はお天気も良く暖かな一日でした。
長良川堤の満開の桜、メンバーも見てくれたかな?と思いつつ
いざ会場へ!

今回は、なるべく節約できるところは節約して義援金へ!という配慮から、
いつもは凝ったデザインになっているツアートラックも
ペイント一切無しの銀色のシンプルボディになっていました。

2011春ツアートラック1

2011春ツアートラック2 これはこれで珍しいかも?

2011春ツアーグッズ ツアーグッズはこんな感じです

今回は私の他に娘2人&長女の彼の4人で参加だったため
ちょいと金欠・・・
パンフレットとツアーバッグ以外は
プチシューとおかきしか買ってません(^^;)
ま、新たなファン開拓費ということで・・・

今回のチケットやグッズ等は売り上げの一部が義援金に充てられるらしいので
余裕のある方はどうぞいっぱいご購入くださいね♪

会場に入ると、ロビーには募金箱が設置してありました。
木製でちょっと小さめ・・・地味なので目立たないのですが
皆さん、次々と募金されてました。
私の中では募金というと小銭のイメージが強いのですが
昨日はかなりお札率が高く、小銭の方はちらほら・・・
これはファンの年齢層が高いからか(汗)
メンバーの強い思いがそうさせたのか・・・
私たちも募金して早目に席へ。

今回は当日券だったのですが
1番に並んで2階の2列目、ほぼ中央の席でした。
この会場は2階席の1列目は立てないし
昨日は3列目以降はほとんど空席だったので(涙)
立ち上がるとかなり目立っていたかも?
幸ちゃんが何回も見上げてくれて
娘は「何回も目が合った♪」と幸せな勘違いをして喜んでいました。
ちなみに王子は相変わらず猫背でうつむき気味(笑)
マイクの位置もうちょっと上げたら姿勢良くなる?


7日に予定されていた越谷公演が延期になったため、
9日の静岡に続いてツアー2日目となったこの公演。
セットリストは初日の静岡と同じでした。

1.Zipangu
2.冒険者たち -Beyond the Adventure
3.NEVER FADE
4.Change the wind
MC坂崎さん
5.WEEKEND SHUFFLE -華やかな週末- (Progressive Rock Arrange)
6.Beat Pop Generation
7.二人のSEASON (Hard Rock Arrange)
MC3人
8.Journeyman
9.Lifetime Love
10.哀しみの泉
MC 高見沢さん
11.Let It Go
12.Wake Up ~Goodbye 20th century boy
13.希望の鐘が鳴る朝に
14.祈り
15.GATE OF HEAVEN
16.SWEAT & TEARS

アンコール1
17.やすらぎをもとめて(1フレーズ)
18.タンポポの詩
19.愛こそ力 ~Power for Love~
20.ロックンロール・ナイトショー
21.ロックンロール・ファイティングマン
22.閃光
~三三七拍子(桜井さん)
23.星空のディスタンス
24.I Love You

アンコール2
25.生きよう(New Song)


セットリストを見ただけでも、かなりメッセージ色の強い公演。
震災に考慮してシンプルなステージになるのかな?等と考えながら
いつもより緊張して開演を待ちました。
・・・が、始まってみるとそこには必要以上に派手ではないけれど
地味さは感じさせない、以前と変わらないと思わせるステージがありました。
きっと私たちにはあまり分からない部分で節約されているのでしょう。

オープニングのZipanguはまさに復興に向けての応援歌のような曲で
そこから続く曲もメンバーの熱い思いがビシバシ伝わってきて
元気に拳あげながらも最初からウルウル・・・

坂崎さんの最初のMCでは
「今回はイレギュラーな形になりましたが、何とかツアーを始める事ができました!」の言葉に
会場から大きな拍手が沸き起こりました。
今まで当然のように続けられてきたコンサートツアーですが
それは決して当たり前の事では無いのだと今回改めて思い知らされました。

恒例のアンケートコーナーでは
「昨日の静岡にも参加した人~!」という問いにかなりの方が手を挙げ
「大移動、お疲れ様です(^^;」と労われていました。
どうやら初日近くは、まだ内容を知らない方が多いので
腹の探りあいみたいな感じを楽しんでいるそうです。

今回のMCでは「各地の名産品」「旅であった、あんな事やこんな事」
「人には言えない、あんな事やこんな事」をメンバーに訊いているそうですが
幸ちゃんが「昔はブイブイいわせてたんでしょ?」
「長良川の人は口が堅いから大丈夫!絶対喋らないから!」等と詰め寄っても
なんだかんだで二人には上手く逸らされ「人には言えない話」は聞けず仕舞い。
まあ、人には言えない話だからこんな大勢の前で言えないよね(^^;
果たしてこのツアー中に何か聞き出せるか?

ご当地ネタでは昨日も桜井さんのボケが冴え渡ってましたよ~(笑)
岐阜城の話になり、
桜「俺、あんな山の上にお城あったら大変だから二度と出てこないよ」
坂「それじゃ、太っちゃうよ」等々の会話のあと、高見沢さん登場。
高「あんな事言って、あのお城は昔、誰が住んでいたか知ってるのか?」
桜「織田信長でしょ?」
高「じゃあ、信長の前は?」
桜「・・・小田和正?!」
これにはメンバーも客席も大爆笑!
坂「(小田さんのマネで)♪もう、終わりだね♪」
高「♪もう・・・(こちらも小田さんのマネ)って違うだろ!斉藤道三だろ!」
桜「斉藤とうさん?斉藤さんのお父さん?」
・・・もう、桜井さんったら!大好き!!

岐阜出身の野口五郎さんの話では
桜井さんと野口さんのお兄さんが知り合いで、昔よくテニスをしたという話から
高「そういえばさっき野口五郎さんのお兄さんの悪口言ってただろう!あんな事言っちゃダメだよ!」と叱られ
桜「別に五郎ちゃんの悪口言ってないから」
高「お兄さんだからダメなんだよ!!」
桜「だってお兄さんは芸能人じゃないし・・・」
高「だからダメなんだよ!!!!!」 高見沢さんだんだん声デカくなってる(笑)
桜「???」
坂「芸能人じゃないからダメなんだよ(笑)」
・・・と、どんどん会場を笑いの渦に巻き込んで、その後も
桜「お前だって俺の悪口いってるじゃん!」
高「お前は普通じゃないからいいんだよ!」等と言い合う二人
これでもか!というほど笑わせていただきました(*T∀T*)

震災から1ヶ月、こんなに笑ったのは本当に久しぶりでした。
いつの間にか、笑う事に後ろめたさのようなものを感じ
笑う事を忘れていたのかもしれません。

そういえばMC中、幸ちゃんに
「最近、この人は食欲が止まらないそうです。丼めし食べますからね」と紹介された高見沢さん。
あらら、また“丼めし食べたい病”発症しちゃったのね
「春だから食欲が・・・」と訳の分からない説明をして、ちょと照れ笑い?な姿が可愛かったです。
確かに、ちょっとポニョった?(* ̄m ̄*)
見た瞬間、何かそんな気はしてたの・・・
去年のソロライブの時は「筋肉スゴッ!」って思ったけど
昨日は何だか違うな~って・・・
照明とか目の錯覚とか気のせいかも?とも思ったけど
どうなんでしょう?
もし筋肉で体が大きくなってたとしてもゴリマッチョ王子は嫌だな・・・
幸ちゃんにも「体型には気をつけて下さいね」って言われてました(^^;



・・・随分長くなってきましたが、まだまだライブは続きます(^_^A・・・


ここでのMCを全部書いているときりが無さそうなので
ちょっと進めます。

7曲目の「二人のSEASON」耳元で囁いたのは
「アイラァヴュ(I Love You)」ラァにアクセントd(^^*
今回はツアータイトルが“I Love You”だから
ずっとこれなのかな?

10曲目の「哀しみの泉」を感情たっぷりに歌い
MCに入った高見沢さん、何だか様子がおかしい!
どうしたの???と思っていると
「じつは・・・」と告白が始まりました。
「さっき坂崎が曲紹介の時、“ってなわけで!”って言ったのが可笑しくて・・・
“ってなわけでJourneyman!”って、そりゃないだろう!落語が始まるんじゃないんだから(笑)
もう可笑しくて可笑しくて、一回止めようかと思ったけどそのまま行っちゃったから
ここで笑ってはいけない!ってJourneymanの最初のほうは必死に笑いをこらえて演奏してました。」
・・・そんな事があったのね(笑)客席前方からは「わかってたよ」という声もちらほら聞こえ
「えっ!わかった?さすが私のエリアの方々!!」と称賛されていました。
「人が必死に笑いこらえてるのに、坂崎は涼しい顔で♪ヘイ ミスタ~♪って歌い出すし・・・
後できつく言っておきます」と言っていましたが
ステージに登場した幸ちゃんには速攻で文句を言っていました。

その後、桜井さん登場でまたもや王子のツボにはまったのが桜井さんのこの発言
桜「It is It!・・・それはそれ!」
高「It is Itって!!!(笑)」と笑い転げながら
高「じゃあ、まさか(新曲の)Let It Goの意味も・・・」と恐る恐る訊いてみると
桜「Let It Beも分からないのに分かるわけないだろ!」って
桜井さん、どこまでも笑わせてくれます。
その後の曲紹介では高見沢さんが思わず「Let It Be」と言い間違い(^^;)
「この曲は大阪国際女子マラソンの為に書かれた曲ですが
あの日以来、違った意味を持ったように感じます」というような事を言って
「Let It Go」が始まりました。

ついさっきまで笑い転げていた私も
ここからは“あの日”の事を思わずにはいられない曲が続きます。

特に「祈り」では圧倒されるような3人の歌声に
今回のツアーに込められた魂の叫びのようなものを聴いた気がします。
祈るような気持ちでただ立ち尽くし聴いていたのですが
ライティングや視界の開けた席の効果か
途中、体が宙に浮かび天に昇って行くような感覚に陥りました。
・・・あ、ALFEEって変な宗教とかじゃありませんから(;^^A)

曲間に展覧会の絵が流れ「GATE OF HEAVEN」へと続きます。
幻想的で激しく美しい、ALFEE最初の組曲。
発表された当時から大好きでしたが、今聴くと更に深くいろんな意味を持った歌に思えます。
本編ラストは私の青春を支えてくれた「SWEAT & TEARS」
前に進む力を与えてくれるストレートな歌詞とメロディーに
再びパワーを貰った気がします。


さあ、残すはアンコール!!!
ですが・・・ご、ごめんなさい!!
一回座っちゃったら、なかなか立ち上がれず
「愛こそ力」まで座ってました(^^;)ヾ
でも、さすがに「ロックンロール・ナイトショー」からは
エイッ!と気合を入れて立ち上がり
刻々と減ってゆくALFEEとの時を愛しみながら
目いっぱい楽しませていただきました。

桜井さんの「三三七拍子」はマイクを通さず生声で
大きな扇子を両手に持って、とても力強い“日本の応援団長”でした。

2回目のアンコールでは
高見沢さんが初日の静岡では触れられなかったという震災についても話されました。
「震災が起きて、あの日から音楽に対する思いや取り組み方、聞こえてくる音までも変わりました。
いろんな方がいろんな事を言われていて、どれももっともだと思います。
今回のツアーは行うかどうか何度も協議し、考えてきました。
でも僕らは37年間、いろいろテレビやラジオにも出ていますが、
ここ、この場所から音楽を通して皆さんに、いろいろなものを伝えてきました。
自分達の原点がどこかと考えた時、やはりコンサートをやり続け、
勇気や癒し等を届ける事が自分達の使命ではないかと思いました。
こんな時に音楽なんてと言われる方もいると思いますが
僕は音楽にはすごい力があると信じています。
そして、それを作り出すのは人間。
音楽力、人間力というものを信じて伝えていきたいと思います。
次の曲は震災後、自然にできた曲です。
この曲を最後に岐阜の皆さんに贈りたいと思います。“生きよう”」

・・・う~!毎度の事ながら、私のノミの脳みそでは
高見沢さんの言葉を正確に記憶する事は不可能です(><;)
でも多分、こんな感じの事を仰ったような・・・気がします・・・って全然違う?王子ごめんなさい!!
どなたかフォローしてください(T_T)

最後に演奏された「生きよう」という曲は
たくさんの思いが詰まったバラードでした。
今回のツアーは、様々な事情で参加できない方も多いと思います。
今、大変な状況にあったり、傷付き辛い思いをされている方にこそ
この曲を届けるべきではないかと感じる内容で
何とかコンサートに行けない方にも聴いていただけるようにしてほしいと思いました。



ALFEEが最終的にこの公演の開催を発表したのが3月30日
あれから様々な憶測が飛び交う中、
どんなステージになるのかと、いろんな思いがめぐり
いつもとは全く違う気持ちで当日を迎えました。

始まってみると、セットリストは震災を意識したもので
ガンガン胸に響く構成でしたが
MCになると、いつものALFEEがいて
特別な余興的な出し物は無くても
3人の、まるで仔犬がじゃれ合うような遣り取りが楽しすぎて、
目いっぱい笑わせようとしてくれているのが嬉しすぎて、
いつものようにコンサートが行われ、その場にいられる事が幸せすぎて、
笑い泣きだか泣き笑いだか、訳の分からない事になっていました。
歌い続け、この場所を守り続けてくれているALFEEに心から感謝します。


今回このレポートをアップするかどうか、とても悩みました。
これを書いている間にも、関東や東北、長野等で大きな余震が続いています。
多くの方が地震や津波や原発に怯え、辛い日々を強いられている中で
楽しく幸せな時間を過ごしてきた事をブログに載せても良いものか・・・

いろいろ考えた末のアップですが
ご気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
日本中に早く本当の春が訪れますように・・・

2011新境川桜


※重要
なお、ここに書かれたレポートは私のノミ程の脳みその
かなり当てにならない記憶を元に書かれたものなので
言葉の言い回しはもちろん、内容も間違いだらけかと思われます。
どうかあまり信用されず雰囲気だけ感じていただければ幸いです。

テーマ:THE ALFEE - ジャンル:音楽

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ichijohgarden.blog52.fc2.com/tb.php/621-e557de18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。