笑う門には一畳ガーデン  ~シシーのお庭~

ベランダのお花のこと、病気(SLE)のこと等々・・・のんびり書いていきます。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

最後に更新してから早幾年・・・

その後、それなりに色々ありましたが無事に生きておりますので
年の瀬に生存報告させていただきますm(_ _)m


ずっと放置していたこのブログですが
記録として残しておきたい事があったので
こっそり復活!
またすぐに放置してしまう可能性大ですが
個人的な覚書と思ってお見逃しください(^^;


さて、ではここからは覚書!(笑)



それは先月、11月20日頃の事

たま~に思いついた時にやっている乳癌のセルフチェックをしていたら
右胸に何やら硬いしこりを発見!
今までチェックしていても乳腺なのかしこりなのかよく分からなくて
「こんなの自分で分かるのかな?」と毎回思っていたのですが
今回は明らかに違う硬いコリコリした物があるのが分かりました。
以前、テレビで言っていた
「こんにゃくの下に硬い豆を置いたような」という表現がぴったりな感じです。

今月2日、SLEの定期受診で内科に行った時に
主治医の先生に診ていただいたところ
一度ちゃんと診てもらった方が良いとの事で
総合病院の乳腺外科に予約を取り、紹介状を書いてくださいました。

そして6日、金曜日!

行ってきました!久々の某総合病院!
前回来た時は、まだ工事中だったのに
しばらく来ないうちに駐車場にはゲートが付いて有料になってるし
(今回はバスで行ったから関係なかったけど・・・)
旧建物は無くなってるし、ちょっとしたおのぼりさん状態でキョロキョロ(゜д゜;三;゜д゜)

・・・と、それはさておき
初めての乳腺外科・・・
どんな事をするのかとドキドキでしたが
予約の時間が8時30分という事で、その日の一番最初だった為か
検査や診察は、待ち時間もほとんど無くスムーズにしていただけました。
大きな病院は何時間も待たされると覚悟していたので驚きました。
運が良かったのか最近は改善されたのか・・・?

検査はマンモグラフィーとエコー。
迷路のような院内を看護師さんの説明通りに進んで行き
最初にエコー(超音波)検査をしていただきました。
ジェルを塗って丁寧に時間をかけて両胸を検査。
特に痛み等もなく終了して、次はマンモグラフィーへ。

次の検査室は初めに居た乳腺外科のすぐ近くなので
来た道を戻ればいいのに見事に迷いウロウロ・・・(´д`;)
いつも帰りに迷うタイプです。

しばし院内を探検後、いよいよマンモグラフィー検査!

噂には聞いて知っていたものの、検査を受けるのは初めてで
不謹慎ながら一寸ワクワクしたりして、興味深々で臨みました。
ご存知の方も多いと思いますが、
この検査は乳房を透明な板で挟んで薄く押しつぶして撮影します。

・・・が、ここで私には心配が一つ・・・
挟めるほど立派な胸ないんですけど~(T▽T)
いや、若い頃はそれなりにあったんですよ
でも、二度の出産と授乳に加えて体重もずいぶん減って
すっかりお婆ちゃんのようなショボくれたおっぱいになってしまって・・・

検査をして下さった女性技師さん?に
「挟めるほど無いんですけど~」と言ったら
「大丈夫ですよ♪」と、それは見事に挟んで下さいました。
さすがプロ!もう匠と呼びたくなるほどお上手でした。

ちなみに撮影は縦挟みと横挟みで撮るので片胸2回、両胸で4回挟まれます。
かなりしっかり押し潰すのでイテテ・・・となりますが
私の場合は変幻自在のしょぼくれおっぱいなので?
我慢できないほどではありませんでした(笑)
張りのある巨乳の方はもっと痛いかもしれませんね。

検査が終わり、乳腺外科に戻ったら診察。
今度は迷いませんでしたよー♪だって目の前だったから(^^v

担当の先生は女性で、再びエコーで見ながら診察してくださいました。
結果・・・良性の乳腺線維腺腫のような感じもするけど、
はっきりした診断は針を刺して組織を採って調べてみないとわからない。
まだ小さいから経過観察で1~2ヶ月に一度ずつ様子を見て、
変化があったら検査しても良い。との事・・・

もちろん、即検査を選択しました。
このまま経過観察しても何のメリットも無い気がするし
何より、わけの分からない不安を抱えたままモヤモヤ過ごすなんて耐えられない!
仮に悪性だったとしても、せっかくの早期発見をわざわざ放置して
悪化や転移なんてしたらね・・・

そんなわけで、なるべく早くとお願いして
一週間後の13日に針生検の予約を入れていただきました。
13日、金曜日・・・13日の金曜日?!
不吉?縁起悪い?だから予約取れたのか?
ところで13日の金曜日って何でいけないんだっけ?
よく分からないから、その辺はスルーしとこ!d(*゜▽゜*)

そんな事書いてたら次女から電話が・・・
「足の親指の爪はがれた~~~!!!」って
えぇーーーーーっ!!!・・・不吉?(((゜д゜;;)))

あ、私が検査を急ぐ理由がもう一つ。
じつは今、私、一人暮らし中なんです(*^-^*)v
長女は昨年から職場の近くで一人暮らしを始め、
次女は自動車免許取得のため合宿中!(いわゆる合宿免許)
ちょうど誰もいないので、今のうちにコッソリと検査をしてしまおうと暗躍中なわけです(-m-)
結果も分からないうちから皆に言って、無駄に心配かけたくないので・・・

それにしても次女の怪我、大丈夫かしら?
そっちの方が心配だわ(´д`;)
幸い?爪が剥がれたのは左足だからAT車の運転なら出来ない事はないと思うけど・・・
どこへ行っても何かと心配事が絶えない娘です。
無事に笑顔で帰って来られます様に☆

テーマ:☆膠原病☆ - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ichijohgarden.blog52.fc2.com/tb.php/632-34472643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。